金買取をしてもらうとき、やはり18金ネックレスなどアクセサリーを売ることが多いと思います。なかなか延べ棒などを所持している人は少ないです。金はアクセサリーとしてよく使われているため、所持している人が圧倒的に多いのはネックレスではないかと思います。日本人には肌馴染みもいいので、プラチナもいいですが金は人気が高いですね。

そこで、チェックしてほしいのは自分の所持しているネックレスの金の含有率です。24分割で表示されており、24金というのが100%金という意味です。しかし24金がネックレスになることはほとんどありません。金は柔らかいので、どうしても100%金ではネックレスを作ることができないからです。そのため、ほとんどが18金からになります。18金だと75%の含有率なので、かなり高い割合で金が入っていることになります。金をグラム単位で計算しますので、もともとのネックレスの大きさによって買取額は変わります。

10金や14金などもありますが、やはり18金が価値としては一番高いでしょう。金の使用量がどれだけ多いか、それが大事なのです。金買取をネックレスだけで考えてみると、18金と表示されているものが、高額査定となりやすいでしょう。

↑ PAGE TOP